So-net無料ブログ作成
検索選択

東京にて [旅]

横浜~鎌倉紀行も記憶に新しいのですが、2泊3日で東京に行って参りました。

夫kerokeroの出張にあわせて休暇がとれたので、いざ出発です。

羽田に着いた途端、2人でKIHACHIのソフト。

私は胡麻とバニラ、夫はトッピングソフト←この前と同じ…お気に入りのようです。

宿泊はアークヒルズにある東京全日空ホテル

窓からは東京タワーも見えました。

すっかり舞い上がり、もっと近くで見たくなり…

上ってきました。

夜景がきれいでしたね。

 

夜は鰻を食べに行きました。

こちらはコースの最後に出てきた鰻重です。

江戸前の鰻を堪能してきました。

 

あくる日、夫は朝からお仕事。

私一人で、いろいろお散歩してきました。

浅草へ。

天気予報では寒いと言っていたけれど、私一人が暖かかったみたい(笑)。

北海道の4月くらいかな~なんて思いながら散策。

お煎餅を買いました。

 

その後、京橋にあるブリヂストン美術館へ。

この展示は見どころいっぱいで、のんびりと時間を過ごしてきました。

おみやげにポストカードを購入。

ピカソのカードが多いことに気づきました。

その後、銀座でお買い物したりと、よいリフレッシュになりました。

明日から、また仕事ですが頑張ります。

 

★帰り、羽田で空弁を買いました。

帰宅してからのお昼ごはんに食べました。

美味しかったです。

 

 


横浜~鎌倉の旅 [旅]

お正月休みを利用して2泊3日で横浜方面へ出かけました。

地元からの直行便で羽田へ。

この日(1/5)は晴天。

明日から大荒れという予報に祈るような気持ちで旅立ちました。

横浜へ到着後、中華街へ出かけました。

初めて訪れましたが、その規模にびっくり。

とても活気があり、ここが日本だということを暫し忘れてしまいそうでした。

夜ごはんは聚英(しゅうえい)さんへ。

ここのお店の名物は海鮮そば。

そのおそばが入った¥2,400のコースをいただきました。

薄味で油っこくないので、食がすすみます。

チャーハン、春巻きもオススメです。

早い時間だったこともあり、お店は空いており、オーナーはじめお店の方との会話も弾みました。

居心地のよいお店で是非また訪れたいと思いました。

おなかいっぱいなのに肉まんも買い食い。

 

次の日(1/6)、雨の中、予定どおり鎌倉へ。

北鎌倉で電車を降り、鎌倉街道を歩きます。

途中どんどん雨がひどくなってきました。

写真も満足に撮れない状況に…。

小町通りを行くワタシ。

風流ですが、このときすでにダウンのファーは濡れた子犬のような状態に(涙)。

夫の希望である長谷寺へ向かいます。

雨に濡れる庭園。

こんな時期に外で花が咲いていることに驚く。

しかし寒い、が、美しい。

この後観音堂~宝物館などをゆっくり観てまわりました。

巨大な観音様にため息。

お昼は鎌倉駅西口の「仲の坂」さんへ。

老舗の活魚料理店。

カウンターで「アジ定食」をいただきました。

こちらは、アジフライと鯵のお刺身をセットで楽しめるメニューです。

冷え切った体に、温かいごはんがとても美味しく大満足でした。

なぜか、私たち夫婦は、旅先でお店の方に話しかけられやすい…。

ここでもお店の奥さまと、いろいろお話しました。

 

鎌倉めぐりは、まだまだしたかったけれど、冷たい雨に耐え切れず、横浜へ戻ることに。

「ベイクォーター」など屋内で楽しむ。

夜はベイクォーター内の「平戸庵」へ。

つくね、右はとりわさ、右奥はお通しのキャベツ。

名物の親子丼。

比内地鶏の旨味たっぷり!美味です。

 

そして。

 

1/7…。

搭乗する予定だった便が欠航…。

お昼過ぎには自宅に着く予定だったのに。

ショック。

KIHACHIのソフトを食べた後で聞いたのがせめてもの救い。

 

11:00過ぎの新千歳行きにどうにか乗り、そこからJR→バスと乗り継いで21:30やっと到着。

着いたと思ったら大雪、吹き溜まり。

途中もふぶいていたし、よく帰ってこられたなと思いました。

お天気に振り回された旅となりましたが、楽しく過ごせたしよいリフレッシュになったと思います。

そして無事帰ってこられたのは、観音様にお参りしたからなのかな。

長い記事、お付き合いありがとうございました。

 

★おまけのおみやげ★

    

             


金沢へ 4 [旅]

初めての金沢。

研究し計画的に回れたので、悔いなし。

だけど、少しだけ離れるのが寂しい。

蒸し暑さと冷房の効いた室内のギャップにも慣れはじめたこの日、いよいよ涼しい北海道へ帰ります。

この日は朝から雨。

寒くはないけれど、前日からみると幾分涼しく感じます。

朝の金沢駅前。

このレトロな小さなバスは、金沢周遊バス。

2日間お世話になった思い出の乗り物です。

さようなら、金沢。

空港に向かうバスの中で夫と話す。

「10年ごとに来たいね」

「40代、50代…あと何回くらい来れるかな」

「4回目くらいからは、周りにすごく迷惑をかけそうだね」

いつまでも健康で仲良く楽しい旅を満喫したいと思います。

頼むよ、kerokero。

 

先日食べた「芋きん」。

こちらが羽田空港内のお店です。

職人さんがその場で作っています。

この日食べたのは「芋きんソフト」。

これ、とてもおいしいです。

なめらかなクリームにやさしいさつまいもの甘さがミックスされて。

スティックのような焼き菓子も、さつまいもから作られています。

羽田にお越しの際はぜひお試しを。


金沢へ 3 [旅]

金沢とはまったく関係ありませんが昨日の夕食。

栗原はるみさんのレシピで作った「ドライカレー」。

大豆ほうれん草で鉄分たっぷりです。

短時間で仕上がるのもドライカレーの魅力ですよね。

 

こちらは、今日のお茶請け。

          

      「甘納豆 かわむら」さんのもの       こちらは「金時」です

豆そのものの味が生きていて、とてもおいしい甘納豆です。


さて、金沢市内観光の二日目。

まずは、とても行ってみたかった「ひがし茶屋街」へ。

格子戸の家並みが続きます。

趣きがありますね。

ジュースカフェ「桃組」さんの2階からの風景です。

奥のレトロな建物は洋食屋さんの「自由軒」。

素敵だったのでお写真を撮らせていただきました。

 

ここの茶屋街は、いくつものショップが立ち並び女性にはたまらないおみやげスポット

お茶屋の雰囲気を味わいつつお買い物できますが、買いすぎに要注意です(笑)

 

この日のお昼は金沢市役所近くの中華料理店「美酒楽園 全開口笑」さんへ。

         

     昼間からビールを飲む幸せよ    チャーハン・ホイコーロー・ギョーザ

とても美味しかったです。

 

午後からは「金沢21世紀美術館」へ。

         

    

 

こちらは「スイミング・プール」

     

      外から                    水中から

 

「ブループラネットスカイ」というアート。

手モデルは夫。

 

とてもスタイリッシュな空間で「見る」というよりは、体感するといった表現が当てはまるかもしれません。

ミュージアムショップも素敵なものがたくさんあります。

しいて難点を挙げると、館内は入り組んでいて回る順番がよく分からなかったり、目的地に辿り着くまで迷ったりしたことでしょうか。

係員が随所にいますので、分からない場合は質問して回られた方がよいと思います。

 

この日の最後は、金沢の台所「近江町市場」へ。

ここは回転寿司も有名。

残念ながらおなかがいっぱいで食べることはできなかったのですが、市場の雰囲気はたっぷり味わってきました。

旬の北陸の食材を見ているだけでも楽しいですよ。

活気に満ち溢れていました。

 


金沢へ 2 [旅]

金沢みやげ。

           

     「豆皿」                     「独楽の箸置き」

 

すごくおいしいもの!

    

「中田屋」のきんつばです   和楊枝も買ってきました     餡がぎっしり!

これは絶対お取り寄せしようと思っています(まだあるのに…)

 

さて、温泉宿で目覚めた2日目、あんなに食べたはずなのにおなか空いた。

待ちに待った朝食です。

    

豪華でしょ~!         畑のおさしみ、新鮮!      蛸の口を炙っていただきました

朝から贅沢!これは完食いたしました~

名残惜しいけれど、お宿に別れを告げます。

        

     本当に素敵なところでした。

 

山代温泉からバスで1時間ちょっと。

金沢に到着です。

      

    いい天気で暑い!

お昼ごはんにお寿司を食べに行き、いよいよ市内観光

まずは、金沢といえば…の「兼六園」へ。

  

  

  

街中は暑くてたまらなかったけど、ここは涼しくていい気持ちでした。

水辺からマイナスイオンがたっぷり。

想像以上に素敵なところでしたよ。

スケールの大きさにびっくりです。

 

こちらは金沢城。

  

兼六園のすぐそばなので、ふらっと立ち寄るのがおすすめです。

 

夕方近く、「長町武家屋敷跡」へ。

    

気分は江戸時代         素敵です~           用水沿いを散策します

 

のどが渇いた!「金沢・長町 菓遊庵」さんへ。

「しらたま」で~す♪黒蜜・きな粉・餡子、好きなものをつけて味わいます。

あたたかいお茶つきです。

 

こちらは夜ごはんで食べた「ワタリガニのスパゲティ」です。

おいしかった~。

 


金沢へ [旅]

今日食べたもの。

     

憧れの「PAUL」のパン         「満願堂」 の芋きん

これらは、昨日羽田空港で買ってきたものなんです~♪

そう!昨日まで夫婦旅行に出かけていました。

行き先は金沢。

4日間、満喫してきましたよ。

 

13日(木)、女満別空港から羽田へ。

ここから小松行きへ乗換えなのですが、待ち時間なんと4時間!

ならば、ということで羽田から2つ先の「穴守稲荷」でおいしい穴子をいただいてきました。

お店は「食通 ゆたか」さん。

      

駅前のお稲荷さん            こちらが「穴子天丼」ランチはなんと¥850!

お店はお昼時ということもあり、大変込んでいて随分待ちました。

お時間にゆとりのないときはおすすめできませんが、待つだけの価値のあるお店です!

羽田沖の穴子を堪能してきました。

 

1日目の宿泊先は石川県の山代温泉「葉渡莉」

小松空港から最寄りの加賀温泉駅までのバスの乗客はなんと私たち二人だけ!

何ともローカルな旅…。

今回は、二人の誕生日(6月)のお祝いを先延ばしにし、お祝いのプランでちょっとリッチに過ごしてきました。

      

お部屋のインテリアも素敵        落ち着きます…

そして!なんといってもお料理の数々!!

      

蜂蜜柚子酒」          「加賀のじわもん」        「旬のお刺身」

    

「鱧しゃぶ」             「完熟トマト」           「温泉蒸し」

    

「お祝いのお赤飯」       「鮎の一夜干し」         「麦とろ飯」

     

「牛ロース冷やしさらだ」    「スペシャルデザート」キャンドルの演出もありました!

すごいボリュームで、さすがの私も食べきれずに少し残してしまいました。

見た目も美しく、お味も絶品!!

特に、この地方ならではの食材がふんだんに使われていて、大満足でした。

お湯も暑さでぐったりしていた体にやさしく、すっかりリフレッシュ!

素敵な宿で、またいつか行ってみたいと思いました。

ベランダは照明があり、夕涼みできます。

もっとも、部屋の方が涼しかったですが(笑)

 


釧路にて [旅]

今年のGWは、5連休。

皆さんはいかがお過ごしですか?

我が家は、5/3から一泊で釧路へ遊びに行ってきました。

車で4時間くらいの道のり。

途中で、小腹も空きます。

あっ!

こんなところに、「道の駅」(津別町相生)が。

売店で、さっそくおやつを買う。

    

揚げいも                     コロッケ

地元のじゃがいもを使っていて、とても美味しかった!

 

釧路へ到着し、回転寿司「なごやか亭」へ。

おなかいっぱい食べました~

その後、厚岸までドライブ

天気がよく、海がとてもきれいでした。

 

釧路にて。

幣舞橋。

夕焼けがきれいでした。

夜は「ふく亭」で、美味しいひと時を。

名物「釧路巻き」です。

これ、大好物です~

他にもたくさん食べたのですが、夢中になり写真を撮り忘れました。

この日は好天でしたが、風が強く寒い一日でした。

お店から宿泊しているホテルまで帰る道のりでは凍えました~

でも、それだけに海や川、空の美しさが引き立っていたように感じました。

 


北海道ホテル [旅]

先週末、慶事のある夫のお供で帯広へ出かけておりました。
十勝川温泉に宿泊する夫。
私はひとり、憧れの『北海道ホテルhttp://www.hokkaidohotel.co.jp/flash/index.htmへ!

ここで、お写真を公開したいところなのですが、我が家に一台のデジカメは夫のもとへ。
シャッター音のする携帯電話カメラで写真を撮るのは憚られ…
非常に残念です。

ここのホテルはリピーターが多いことでも知られています。
その理由は泊まってみて納得。
その空間だけ時間がゆっくりと流れているような気持ちにさせられます。
スタッフの対応も付かず離れず、ちょうどよい感じでした。

部屋に案内されてから、ちょっと周辺を散歩し帰ってくるとちょうど夕飯時。
一人で外へ行くのも億劫でホテル内のレストランへ。
迷ったあげく和食のお店へ。
旬のミニ懐石をいただきました。

ビールをいただきながら、一皿ずつ供される季節の味覚を目で楽しみ味わいました。

一休みした後は、楽しみのひとつであった温泉http://www.hokkaidohotel.co.jp/text/info/onsen.htmへ。
帯広の温泉は、ドイツとここにしかないというモール温泉。
薄い褐色のお湯にゆっくりと浸かります。
長時間、入っていても苦しくならないので存分に楽しめます。
美人の湯といわれるほど、肌がしっとりになります。
湯上りにタオルで水気を取ろうと思っても、肌に吸収されて水滴が残らないほど!
ここのホテルの真下に豊富な源泉があり、最高級の泉質が楽しめるそうですよ。

その後、読書などしてゆっくり過ごし一人の時を満喫しました。

次の日の朝、おなかが空いて目覚め、これまた楽しみな朝食へ。
ここのホテルの朝食には、ただならぬ心意気を感じます。
http://www.hokkaidohotel.co.jp/text/info/chyosyoku.htm
和・洋どちらかの定食を選ぶスタイル。
洋定食を選び、目玉焼き、サラダ、ヨーグルト、パンをいただきました。
小鳥がやってくる庭を眺めながらの朝食は格別でした!
http://www.hokkaidohotel.co.jp/text/topic/niwa.htm
特に、パンは焼き立て、おかわり自由という嬉しさ。
ガラス張りの工房で次々焼かれていく様子も楽しめます。

今回は、一人セレブな気分を味わってきました。
今度は是非、我が夫と優雅なひとときを楽しみたいと思います。
あっ、私もすでにリピーターですね(笑)

★おまけ★

おみやげに「鳥せい」のから揚げと串を買ってきました。
そら豆、トマト、パンとともに帰宅後、お疲れ様会を催しました。


札幌にて [旅]

母の誕生日に一泊旅行プレゼント
週末に札幌に行ってまいりました。
母と2人で旅行に出かけるのは、なんと10年ぶり!
美味しいものを食べて、買物をしてホテルで贅沢な時間を過ごしてきました。

まずは、おいしいものから…
お昼に到着して、駅前の「北前そば高田屋」へ。

鴨南そばです。
たっぷりボリュームありました。
お腹が空いていないと、女性はちょっときついかもしれません。

夜は、すすきのにある和食の店「三ノ吉」へ。
http://r.gnavi.co.jp/h024400/
個室で、ゆっくりと美味しいお酒と料理を味わってきました。

「京ぶきの酢味噌和え」と「寄せ豆腐山椒かけ」

「里芋の揚げだし」これ、香ばしくてとても美味しかったです。

「お造り」〆さばと中とろです。
その他、かにしゅうまいなどをいただいてきました。

この日の宿は「JRタワーホテル日航札幌」。http://www.jrhotels.co.jp/
部屋はこんな感じ。

白、ベージュブラウンで統一されていて落ち着いた雰囲気です。
ホテル内にはスパがあり、早速行ってみました。
旅の疲れも吹き飛ぶ気持ちよさでした♪

札幌の日の出です。

朝食です。

朝ごはん、おいしかった!しっかり食べましたよ。

今回の旅は、母も満足だったようで、よかったと思います。
たまには、母娘水入らずというのもいいものですね。
今回、買ったものたちは、また随時ご紹介していきたいと思います。



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。